これも今後の発展のため

シェア

こんにちは。

唐突に思ったんです。建物をひとつ移転させようと。
47
私の自宅ですね。
マイクラを始めた頃は自分の家にベッド、 作業台、チェストを並べるのがセオリーだとは思うのですが、私の自宅は見ての通り平屋建ての小さな一軒家。
荷物が収まりきらなくなり、画像の左端に少し見えている倉庫に大量のチェストを移動させてからは、ベッドがポツンとあるだけの状態になってます。
いつも隣の倉庫からわざわざこの家に寝に帰っていたのですが、ここに大きめの建築物を建設しようと思い立ち、自宅を崩す決意をした訳です。
ただし、せっかく作ったものを壊してサヨウナラでは少し寂しいので、また今度村人さんのエリアに移転させて、新しい住人に住んでもらおうと企んでおります。
25
というわけで早速解体していきます。
雪ブロックは解体がラクなんですが、シルクタッチのシャベルじゃないと雪玉になってしまうので少し難ありですね。
この解体で出たブロックはちゃんと専用チェストに保管して再利用します。
12
保管する図。小さい家なのでチビチェストひとつで収まりました。(何気にいろんな素材使っていたので、結構ギリギリでした。)

58
そして解体完了した土地がこちら。
ここに新たに何を建設するかは以前のブログで今後の計画を少し書いたのでそれを読んでいただいた方は大体予想はつきますよね。そのまんまです。

さて、たった今自宅を解体してホームレス状態となった訳ですが、早速新居を作らなければいけません。
作業の効率的に倉庫から近い場所にベッドを設置したいのですが、一ヶ所心当たりのある場所が...
38
倉庫の中に少し怪しい場所があります。

奥に見えている柵に囲まれているところは一旦無視していただきまして、画像右側の壁に扉が2枚あります。
手前側にはブレイズロッドの無限供給(人力)により既に永久機関となった自動かまどが今も頑張っております。
ブレイズロッドの輸入先
奥側はエンチャントルームになっているのですが、現状エンチャントはブレイズロッドの輸入先で行なっておりますのでこの部屋には久しく入っておりません。
15
これを、
34
こうします。
27
さらにこうします。
旧エンチャントルームが一瞬で休憩室に早変わりです。
天井も1ブロック分高くしておりますので高低差のある室内空間を作ることができました。
11
ベッドルーム。
床が0.5ブロック分上がっており、さらに本棚とヒスイランの花を飾っております。
38
部屋の反対側。
囲炉裏のつもりで作ったのですが、大釜以外に何かこういう感じのものないんでしょうか...
ちなみに1.10で新登場したマグマブロックをこの為だけにネザーに取りに行ってきました。明るさを吸収する不思議なブロックですね。ここは下付きハーフブロックで床を作ったのでmobが湧くことはないのですが、明るさは一応最大にしております。
現実世界では窓のない部屋で火を焚いてはいけませんよ!
57
そして天井。
割とお気に入りのアジロ風天井です。

それにしてもマイクラでインテリアは難しいですね。
今回は壁や柱などの躯体部分は倉庫やエンチャントルームを作った時のものを使いまわしているので雰囲気作りの難易度がさらに上がっている気がします。
初期の頃は簡単に量産できる雪ブロックブームが私の中であったようですね。
壁が1面石レンガなのはその向こう側がかまどの部屋で、熱を発する部屋の壁が雪というのはありえないだろうと無駄にリアルなことを当時の私は考えていたようです。
そのうち川に潜って粘土をとってきてレンガでも積もうかと思います。

まだまだ勉強が必要ですが、マイクラの進行に応じて少しずつ手を加えていく建物もいいですね。
その頃のブームであったり技術的なことであったりを見直すことができて、新たな発見があったりもしますよ。

それでは!
(なんか締めの言葉ほしいな...)