森の小径

シェア

こんにちは。

先日のぽんずリソースパックが思いの外好評だったようなので、配布をしようかと考え中のぽんずです。
配布の時期については年内にできるように調整しておりますが、もう一度全データを確認して「これは配布には向かないな」というものを取り除いたのをダウンロードしていただけるような計画で進めておりますので、今しばらくお待ち下さい。

さて、本日の本題ですが、今日は久しぶりに第一拠点(私の本拠地)の作業になります。
砂漠の第二拠点の方も進めていきたいのですが、どうしても新年を迎えるまでにひとつ作りたいものがあるのです。
(今年もあと半月とちょっとなのですね!)

今回はその作りたいものまで小径を作っていきます。

場所決め

新年を迎えるまでというタイムリミットがあるので何をつくろうとしているのか大体の予想はつくかと思いますが、みなさんが2017年になって最初に行く場所、つまり神社です。

私のワールドでも元旦に神社で初詣をしたいと思います。

その神社の候補地がここです。
17
この不自然な雪の形。
地味に整地をしました。(本当に地味な整地です。)
これはなんと私の倉庫兼寝床が埋まっている山の頂上。つまり私の枕の真上に神社がドーン!とできるのです。

真上だと寝るときに脚を向けてしまうこともないですよね!(何か間違っている気がする...)

厳密には本殿は画像の奥側なので真上ではないのですが、ベットはそちら側に脚が向かないように設置されていました。

小径をつくる

54
その山の上まで石段など、参道が必要になってくるのですが、近くにあるこの橋の横から伸ばすことにします。(この橋四方八方に道が繋がっていって最終的には多分ただの浮いた地面になるんだ...)
33
さっそく柵を撤去して道を接続します。
今回は石レンガと丸石を使います。(最近のこの拠点の道はほぼ全てこの2種類のブロックでできていますね。「今回は」というのは「今回も」と呼んでください。)

33
しかし今回は森感を出していきたいと突然思いまして、倉庫からオークの苗木を持ち出して骨粉をシャワーのように浴びせます。

例えば、下鴨神社には糺の森がありますよね。
伏見稲荷大社もあの鳥居の外側は森ですよね。
貴船神社は山の中ですよね。

京都の有名な神社を列挙していますが、神社は森の中にあるのです。

私のワールドの神社もやはり森の中にあって欲しいのです。
というわけで、私の倉庫に眠っている苗木を総動員してここを緑化します。
04
オーク、マツをメインに植えていき、その中に道を作ります。
階段はハーフブロックを使ったなだらかな段差なので、部分的に沸き潰しが必要です。
ここは以前の記事で道を作った時と同じ鉄柵とたいまつのものを使います。
15
石段を作りながら苗木を植えていきます。
苗木よりも石レンガよりも予想以上の量の骨粉を消費してしまい少し困惑気味です 笑
31
08
途中で少し平らなところがあったのでここに休憩所を作り、ここから一気に石の階段で上まで登れるようにします。

森の中のような雰囲気にする

森の小径のような雰囲気にしたいので、ここからさらにいろんな要素を加えていきます。
43
まずは苔石をところどころに入れていきます。
先日発見したメガタイガにあったものをとりあえず1スタック持って帰ってきていたのですが、ここでもう使い切ってしまいます。
神社が完成したらまた取りに行こう。

47
手すりをつけてさらにそこにも苔石の壁をつけます。

09
苔石をふんだんに使った石段と、骨粉をふんだんに使った樹木のおかげで森の中の石段の雰囲気が出てきました。(ちゃんと登れます。)

01
休憩所予定地。
森です。小鳥のさえずりなんかが聞こえてきそう。
白樺とダークオークもところどころに混ぜております。
(4種類の樹木が並ぶ贅沢な森です。)

31
森を下から見上げたところ。
石の板のようなものが今回作った道です。脚は次回までにつけておきます。
それにしても樹木のボリュームがすごい!

05
別アングル。
山の周りの樹木は最初は1本も無く、全て私が植えました。
おそらく神社が完成しても実際に登らないとその姿を確認することはできないでしょうね 笑

56
それにしても作業を始めた時には想定していなかった森ができてしまったのですが、予想より良いものができそうな予感がしてきました。

次回は主に休憩所と鳥居ですかね。
年内には、、たぶんできるはず!!

今回も読んでいただき、ありがとうございました。
Merci!
(っていう締めの挨拶どうでしょう?笑)