年末は忙しいが神社は建つ[前編]

シェア

こんにちは。

今年もいよいよ10日を切りました。
もう初詣まで時間がありません。

前々回、さらにその前から、私のワールドでは神社の建設を進めております。
参道、石段とその下の休憩所は完成したのですが、肝心の本体(本殿と拝殿)がまだ手付かずの状態です。

今回はその本体ののうち、拝殿(一般の人が参拝の時に手をあわせる建物)の作業を進めていきます。
本殿(一般の人が入ることのできない、実際に御神体が納められている建物)は次回の作業とします。
参道をつくる話
休憩所をつくる話

神社の地盤を固める

前回の記事では石レンガの階段でたいまつが表に出てこない沸き潰しをしておりましたが、今回もその手法で作業していきます。
43
中央の砂利道の両側に石レンガの階段があるのですが、この階段の下にたいまつが大量に埋め込まれております。

画像が夜なのはその都度沸き潰しができているかどうか少し離れて確認しながら作業していたためです。
(結果としてこのような広い場所では2列では全然足りないので今後さらに何か追加していきます。)

よって今回は高所作業での落下ダメージと、夜に沸いた敵との戦闘でのダメージとの戦いになります。
(あと、年末の時間との戦いですね。)
59
敵(特に厄介なのは高いところに登っていても弓矢で攻撃してくるスケルトンです。)を倒すために、拠点のまわりで待機してくれていたキツネ(本当は狼)たちを連れてきています。
狼はスケルトンを見かけると一直線に走っていって、ボコボコにしてしまいます。

私のリソースパックでは、一部の狼がキツネになります。
ぽんずが使っているリソースパックの説明はこちらになります。

今回の作業では3匹のキツネや狼さんと一緒に頑張っていきます。

軸組

神社建築はほとんどの場合木造になると思うのですが、私は松の原木を使用して、柱を組んでいきます。
18
階段や床は白樺を使います。
私が実際に足を運んだことのある神社は床の木材の色がかなり黒いのですが、マインクラフトの世界の中の暗い木材はダークオークと松。
ダークオークは少し赤みが強い印象、松は今回は屋根に使おうかと思っていたので、この2種類は使えず倉庫に大量にしまいこんでいた白樺という選択肢になりました。
15
床が完成したら柱をどんどん上に伸ばしていきます。
壁は私の倉庫と同じく雪ブロックを使っております。

屋根葺き

木造建築は実際に中に入って生活などをする場所と同じくらいの大きさの屋根を作らなければなりません。
今回は先ほど書いたとおり、松の木材を使います。
屋根の勾配もそれなりに急にしたいので、階段ブロックを使います。
40
柱を伸ばして棟を作ったところから、松の階段ブロックを並べていきます。
(屋根の形状が気に入らず、一度全て作業が終わった状態から3回くらいやり直しております。)
23
全面が完成した状態。
この後もう少し屋根に装飾をしていきます。
52
少し装飾をした状態。
少し屋根の先端がニョキッと伸びております。次回の記事までにもう少し何かついているかもしれません。

整地した場所から、結局はみ出しております。

キツネさんも昼間は神社の前でおすわりしています。

拝殿完成

40
拝殿の中です。
拝殿から覗ける先には遠くの方にある松の木が見えます。しかしこの松の木は神社完成後、本殿の陰に隠れてしまうのです。
04
拝殿から周りを見渡すと、以前植えた樹木よりも高いところにこの場所があることがわかります。樹木のてっぺんがこの高さだと、こちらからは村人さんの村を見ることができるのですが、向こうからはこちらを見ることができません。
47
夜。
やはり暗いのですが、雰囲気がでています。
18
そしてここからは朝日を拝むことができます。
初日の出もバッチリですね。

そして拝殿の後ろからは、本殿に続く廊下も伸びています。

04
次回はこの拝殿の後ろに本殿をつくっていきます。
真ん中のスライムブロックは拝殿と中心をあわせるために置いている目印です。
多分最初に書き忘れているのですが、今回は間口も奇数で作っております。

おまけ

先日1.11.1アップデートが、そしてさらにその翌日に1.11.2アップデートがきました。
1.11からこれらにアップデートするときに気をつけなければならないことが、弓にエンチャントで無限と修繕を同時につけることができなくなったことです。
53
私もアップデート前にこの2種類のエンチャントをつけてからアップデートすることにします。
ということで頑張ってみたのですが、結局エンチャントできた弓は3つでした。

無限は弓に直接エンチャントしたときにたまにつくことがありますが、修繕は村人さんとエンチャント本を交易することでしか手に入らないレアものです。
3つだけでも良しとしましょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
Merci!