五六式花製造機

シェア

こんにちは。

新社会人の方はそろそろ仕事に慣れた頃でしようか?
私も働きだしてそんなに長いわけではないのですが、ちょっとしたアドバイスを。

上司の方への仕事上での報告はいい内容は少しくらい遅くなってしまっても問題ないこともあるとは思いますが、悪い内容のことは怖くてもすぐに報告しましょう。

1年目の人がやるようなミスは何年もその仕事をしている人からすると簡単に解決できるようなものが多いと思うので、怒られるのを回避することができるかもしれないですよ。

あ、いい内容もできる限り早く報告するのは当たり前ですよ。

さて、本日の記事も先日から続いております地下の野菜TTの一部です。

今回は花製造機をつくります。
しかもバラの低木やヒマワリなど高さ2マスの花の、特定の1種類のみを大量に生産させる機械になります。

高さ2マスの花は骨粉を使うことでアイテムをドロップします。
ですのでディスペンサーに骨粉を大量に詰めてカチカチと動力を与えてやれば簡単に花を増やすことができます。

また、この高さ2マスの花は染料にすると花1つに対して2つの染料が手に入るので非常にお得なのです。特にライラックはクラフトが面倒な赤紫色の染料が2つも手に入るので重宝するのではないでしょうか?

骨粉連射機構をつくる

まずは花を植える部分の周りにディスペンサーを設置しなければなりません。

装置は先日のカカオ豆収穫機の反対側の壁に埋設するので少し壁を掘ります。
カカオ豆収穫機

壁を掘って花を植える部分を確保して、その隣のマスにディスペンサーを設置します。

こんな感じに。
わかりにくいかとは思いますが7機あります。
花が2マスなので、上下各3面と真上の1面です。

見た目を気にしなければ画像の磨かれた閃緑岩の壁と同じ面に画面に背をむけるように設置すれば最大9機設置することができます。
(私は中に何があるか分かるようにしたいので正面の2マスはあけておきます。)

そして閃緑岩の壁の向こう側。

この見えているピンクの羊毛の上とその奥に少しだけ顔を出しているハーフブロックの上全てにレッドストーンを敷けば下ごしらえ完了です。

なんともお手軽な装置です。

一番手前の羊毛の上に最近乱用しているオブザーバーブロックを使ったクロック回路のシステムを作れば連射装置は完成です。

ピストンは粘着ピストンで、この後ろのブロックに木のボタンをつければオブザーバーブロックがクロックを起こし、最初のディスペンサーが動力を受けて花に骨粉のシャワーを浴びせることができるのです。

花の回収機構をつくる

普通ならここでディスペンサーに骨粉をつめて花を植えれば完成でいいのですが、私は水路にアイテム化した花を流したいので、回収してアイテムの通路を先日のカカオ豆収穫機のドロッパーに接続するところまでやりたいと思います。

とはいうもののシステム自体はすごく簡単で、目的地のドロッパーから花を植える土ブロックの真下までホッパーを設置していき、その上にレールを敷きます。

そのレールにホッパーつきトロッコを走らせれば回収機構の完成です。
レールの前後のブロックはトロッコの移動防止のためなのでレッドストーンブロックなどホッパーを止めるブロック以外であれば特に何でも構いません。

それにしてもこのホッパー付きトロッコはビジュアル的には小さいのに、元のホッパーにはできなかった1マスブロックを挟んだ上のアイテムを回収することができるというなかなかイカしたやつですね。

さて、それではディスペンサーに骨粉をつめて、
花を植えれば全て完成です。
今回の機構ではヒマワリを植えて、その前にガラスを置いて中に何があるのか分かるようにしました。

それでは早速起動してみます。

大量の骨粉を浴びております。
8回カチッと音がなったので7(ディスペンサー)×8(回)=56発も発射されたことになります。

回収されたヒマワリは水路を通って先日の二連アイテムエレベーターに入っていきました。

エレベーターの上のチェストを確認するとしっかりと56個のヒマワリが入っておりました。
これの倍の数の黄色の染料が手に入るわけですね。

最後になりますが、今回なぜヒマワリ(=黄色の染料)のみが大量に手に入る装置を大量に作ったかというと、全ての色の染料を集めるためです。

この装置を作ったことでこの野菜TTと鯖村の翔氏のビルにあるイカトラップ、トラップタワーの能力で16色全ての染料が実質無限化することができました。

青色に染めるために必要であるラピスラズリもニンジン、ジャガイモがこの記事を書いている時点で8ラージチェストずつあるので交易でエメラルドを手に入れた後さらに交易をすることで大量に入手できるのです。

あとはビートルートが赤色の染料になり、サボテンを焼くと緑の染料、カカオ豆がそのまま茶色になります。

翔氏のビルには黒(イカスミ)と白(骨粉の材料の骨)がたくさんあるので、それぞれをクラフトすることで16色コンプリートが可能となります。

ここまでくるのが長かったですがようやく私の宅地の下ごしらえが終わりました。
今後はこのアイテムたちの箱(建築)を作れば私の自宅周辺の作業は完了です。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Merci!